任意交渉

未回収の売掛金を回収するためには、直接債務者と任意交渉を行い、どうやって回収するかを明確にする必要があります。個人で売掛金を回収しようとする場合、法的な効力のある交渉は行えないので、どうしても任意交渉を行うしかありませんが、当事者間で話し合いができるならそれに越したことはありません。相手側にも支払いが行えない理由があるので、それらを踏まえた上で、お互いが納得できるお年どころを探していきましょう。

任意交渉の内容はお互いがおかれた状況によって変わりますが、もし仮に支払うことができるだけの金銭が確保できない場合は、減額請求や担保を取ることで解決するという手があります。減額請求は、現段階で支払えるだけの額に売掛金を減額して、可能な限り売掛金を回収します。担保を取る場合は、連帯保証人を紹介してもらうか、不動産の抵当権など、抵当に預けることができるものを用意してもらうことで、売掛金を補填することができます。

当事者間で交渉が進めばいいのですが、債務者にしても大事な財産を失うかどうかの瀬戸際なので、なかなか交渉に応じてくれないことがあります。そういうときは無理に個人でどうにかしようとせず、多少費用を払ってでも弁護士に交渉を依頼したほうがスムーズに交渉を進めることができます。いざというときは調停や訴訟などの法的手段に訴えることもできるので、確実に売掛金を回収するためにも、専門家に任せるようにしましょう。

アディーレ法律事務所…..PICK UP

筆者について

運営者

記事を表示 →