売掛金回収の方法

売掛金は一種のツケのようなもので、債務者に支払い能力が無い場合、未払いのまま放置されることがあります。当然売掛金が未回収のままだと、得られるはずの売上が発生しないことになるので、そうならないためにも、債務者に対して支払いを請求する必要があります。弁護士に代行することもできますが、自分で対応したいときは、専用の文書の作成や交渉を行わなければなりません。当サイトでは売掛金回収に関する情報を掲載しています。

売掛金を回収する際は、まず売掛金が発生していることと、それが未払いであることを証明するため、内容証明郵便を作成する必要があります。内容証明郵便は、文書の内容と誰が誰宛に出したかを郵便局が証明する文書で、これが債務者に送られると、裁判の際に証拠として使うことができます。文書内容は売掛金の請求の根拠や支払期日などとなっており、専用の様式での作成が義務付けられています。

内容証明郵便を提出し、債務者が交渉に応じたときは任意交渉を行います。交渉の際は、支払いが遅れても後から確実に支払うことを明記させるなど、確実に売掛金が回収できるよう相手に確約させる必要があります。あくまで任意なので、相手が交渉に応じないこともありますが、その場合は弁護士に相談するなど法的手段に訴える準備をしてください。ほかにもいくつか方法がありますが個人で対応できる範囲は限られているので、弁護士への相談は常に意識しておきましょう。

筆者について

運営者

記事を表示 →